ALL JAPAN SURF CASTING FEDERATION 投げ釣り
事故防止講習会
TOP 組織紹介 大物ニュース 大会広報 入会方法 告知板 記録紹介 各種申請書 リンク
指定用品インフォメーション クリーンアップ便り 議事録 行事日程 会報「投げ釣り」の変遷 事故防止講習会
規約 キス投げ釣り段位制  
全国協会別観光スポット
事故防止講習会
大阪協会
大阪協会 事故防止部長 高津 光司

事故防止講習会と言うと若干堅いイメージに聞こえますが、大阪協会では「海上保安監部」の協力を得て、わかりやすい講習をおこない、事故を未然に防ぐことを主眼にして開催しております。

大阪協会 事故防止部長 高津 光司

兵庫協会
兵庫協会 事故防止部長 岩崎 正彦

安全に釣りを楽しむために、兵庫協会の事故は「しない」「させない」「起こさない」の教訓を伝承し、安全、安心の釣行に対する啓蒙活動を推進します。また規則で縛るのではなく、各自に安全釣行が身につく地道な活動を推進して行く、そのための手段として、年度ごと講習内容も検討して行きたいと思います。

兵庫協会 事故防止部長 岩崎 正彦

徳島協会
徳島協会 事故防止部長 藤阪博文

事故防止部長に就任するにあたり事故ゼロが継続できるよう、役員会や講習会などを通じ会員すべてに「安全第一」の啓蒙活動を進めていきたいと思います。

徳島協会 事故防止部長 藤阪博文

高知協会
高知協会 事故防止部長 河野 照雄

会員への事故防止の啓発喚起及び定期的に実施する事故防止講習会(救命講習会など)での最新情報の体験などで安全釣行を推進します。

高知協会 事故防止部長 河野 照雄

愛媛協会
愛媛協会 事故防止部長 田村 雅邦

愛媛協会では単独釣行や過労運転など事故を誘発する行動を排除する啓蒙をおこなうとともに、毎年の講習会には一クラブ二名以上の受講を義務付けております。

愛媛協会 事故防止部長 田村 雅邦

香川協会
香川協会 事故防止部長 石原 誠

香川協会の先輩方々が築きあげてきた無事故の歴史を継続させるべく、安全第一の釣行を協会の全会員に徹底していただけるように啓蒙活動を行います。

香川協会 事故防止部長 石原 誠

岡山協会
岡山協会 事故防止部長 真鍋 孝見

例年の事故防止講習会は各クラブから参加があり、意識の高さを感じているが一方で継続することの重要さも痛感しており、今後も積極的に取り組んで行きたいと考えている。また、当協会も会員の減少に歯止めがかからず、また平均年齢も上昇して行く中、今後の講習会テーマも、その当たりを意識したものを取り入れていく必要があると考えており、釣りを楽しむ団体として「安全に」を最優先にした協会として運営を行っていく所存である。

岡山協会 事故防止部長 真鍋 孝見

備後協会
備後協会 事故防止部長 井上 研治

備後協会の事故防止委員長としては、あまり釣果にとらわれずに健康に気をつけ、きれいな海で楽しく釣りが出来るように心がけています。
安全第一に取り組んでおります。

備後協会 事故防止部長 井上 研治

広島協会
広島協会 事故防止部長 河村 勲

消防、海上保安庁殿に事故に関する指導を仰ぎ会員の事故防止の啓発を図り指導いたします。

広島協会 事故防止部長 河村 勲

山口協会
山口協会 事故防止部長 野 重光

山口協会では、事故に際して適切な応急処置ができるよう、消防署の協力を得て開催しております。

山口協会 事故防止部長 野 重光

北九州協会
北九州協会 事故防止部長 中村 誠志

安全とは、怪我をしない、怪我をさせない事と教えられた。自分で充分に注意して行動していたとしても、他人から見た場合に、不安な行動をしている。その時、指摘して改めるように指導する事が、連盟や協会さらにクラブ組織ではないかと思います。安全を図るにはそれなりのコストが掛かるものです。教育・訓練・実践を繰り返しおこなって体得する。事故が発生したら対策会議を開き再発の防止を図るなど、中々容易ではないが専門家(海上保安部や消防署等)に協力をお願いして出来るだけコストの掛からない方法で教育訓練をして、安全安心して釣りが出来るよう、日ごろから心がけなければと強く思います。

北九州協会 事故防止部長 中村 誠志

愛知協会
愛知協会 事故防止部長 白井 靖浩

愛知協会の会員は、通いなれた渥美半島の釣りが多いのですが単独釣行は避け、お互い声を掛け合い、複数で活動するよう啓蒙しています。

愛知協会 事故防止部長 白井 靖浩

中部協会
中部協会 事故防止部長 田辺 正則

中部協会では事故防止講習会を釣り大会と併催し、海上保安部、警察署、消防組合などの指導のもと海難事故の防止、交通災害の防止、応急処置の方法などそれぞれについて習得できるよう、実技を中心に企画して、おこなっております。

中部協会 事故防止部長 田辺 正則

宮城協会
宮城協会 事故防止部長 伊東 順孝

宮城協会のフィールドは先般の東日本大震災に見舞われ壊滅的な状態です。当分の間、釣行は日本海方面としています。何処の釣り場であっても、安全釣行を一番に考えるとともに、防波堤及び地磯でライフジャケットの着用率100%を目指して指導しております。

宮城協会 事故防止部長 伊東 順孝

開催日 2018年2月4日(日)
開催場所 利府町JR利府駅コミニティセンター
参加者数 4クラブ26名
講習内容 今年度も、利府消防署の協力にて,救急救命士,救急隊、3名の派遣を受けて、過去の講習の復習として、止血方法や,心肺蘇生の実技、AEDの使用方法の講習を2時間にわたり執り行いました
感想 過去に何度も講習を受けたはずなのに,期間が開くと、忘れてしまいます。
今後の取り組み やはり、同じ講習は、2年3年と続けて、体が覚えるまで続けないと事故防講習の成果は出ないと実感するも、会員100パーセントの参加を目指すべきと改めて思います。
北海道協会
北海道協会 事故防止部長 井森 哲也

北海道協会では、会員一人ひとりが、手本となるよう、釣り場での安全とマナーを厳守し、釣り人全体が楽しい活動ができることを目的に講習会を開催しております。

北海道協会 事故防止部長 井森 哲也

長崎協会
長崎協会 事故防止部長 田中 孝司

長崎協会は諸先輩方が築き上げた「安全第一とマナーの遵守」と言う心得をモットーに全協会員が安心・安全な釣行ができるよう、啓蒙していきます。

長崎協会 事故防止部長 田中 孝司

千葉協会
千葉協会 事故防止部長 町田 富士雄

千葉協会では所属会員が広域に在住し、釣り場までの道路交通事情にも油断できない面があります。したがって安全に無理の無い釣行を心掛けています。次に、釣り場における行動では何より事故を未然に防ぐ事を第一に考えると共に、万が一の備えとしての判断力をマスターできるような講習会を実施しております。また、会員に現役の消防救急隊員が所属しているので、充実した事故防止講習会を開催できていると自負しております。

千葉協会 事故防止部長 町田 富士雄

北陸協会
北陸協会 事故防止部長 三上 満

私たちは、他人の事故体験を知ることによって、それに自分を置き換えてみる擬似体験をすることが出来ます。そして、それが沢山増えれば増えるほど事故に対する予知能力が高まります。予知能力は子供の方が高いのはこのためです。次元が少し違うかも知れませんが、飛行機事故や列車事故での事後の検証が厳密に行われるのは、原因を関係者が共有することによって事故の再発を防ぐためであります。私たちの釣行時における多くの事故例からどんな時に、どんな事故が起きたか、多少は各自身につけていると思われますが、それを知識としてしまっておくのではなく、それに基く対策を実行しなければ宝の持ち腐れです。釣行時には対策と準備を徹底することにより事故の回避を高めることが大切と考えています。

北陸協会 事故防止部長 三上 満

鳥取協会
鳥取協会 事故防止部長 佐伯 全希

我がクラブの目標は、無事故で自宅に帰るまでが釣行を合言葉に、無理な釣行をせずゆとりを持って楽しみを釣ることです。月に一回の例会を計画し事故防止を心掛けるよう、又各自一人一人の自覚を促すよう指導に努めたいです。楽しみと無事故はギブアンドテイク。楽しみを釣るは、無事故から。

鳥取協会 事故防止部長 佐伯 全希

三重協会
三重協会 事故防止部長 岩本 浩

事故防止への関心は高く協会行事の中でも参加者が多い行事になっています。
三重県の場合、東南海地震が想定されているエリアになるので、特に津波に対する関心が高く今後もこの活動を続け事故防止への意識向上に努めてゆきます。

三重協会 事故防止部長 岩本 浩

大分協会
大分協会 事故防止部長 杉元 繁治

釣行は家を出てから帰宅するまでです。個々会員の事故防止意識の高揚に努めます。

大分協会 事故防止部長 杉元 繁治

和歌山協会
和歌山協会 事故防止部長 笹本 貴生

和歌山協会発足以来今日まで怪我、事故もなくやって来ました。これからも永久に事故怪我のない様指導して行きたいと思います。

和歌山協会 事故防止部長 笹本 貴生

東京協会
東京協会 事故防止部長 柳澤 修司

東京協会では事故を未然に防ぐことに重点を置いています。出来る限り単独釣行は避け、無理な釣行計画は立てない&実行しない等の対策を協会内クラブ間で認識しております。また、万が一の事故時の緊急連絡先等、各会員が把握するといった、事後の対策も認識しております。今後も事故の無い、楽しい投げ釣りを普及していきたいと考えております。

東京協会 事故防止部長 柳澤 修司

開催日 2018年1月21日
開催場所 北区滝野川西区民センター
参加者数 6クラブ16名
講習内容 事故を起こさない、ということを念頭に釣行計画を立てること、安全第一であることを全員で再確認した。
海上保安庁発行の「海釣り事故防止のための基礎知識」「海釣りの基本的注意事項」を読み合わせした。
最後に全員で海中に落下した場合、救助の際に必要なロープワークの実地演習をした。
感想 ロープワークは意外と手間取るので、繰り返し練習する必要があると思う。
毎年実施しているが、時間が経つと忘れているので反復することが重要である。
今後の取り組み
島根協会
島根協会 事故防止部長 土井 公明

釣りに際しての事故防止は、協会の最優先のテーマとしてあらゆる機会において会員に注意換気を促しながら絶無を期す所存です。
釣り場での転落、水難事故などは勿論ですが、その釣りの前後における交通に絡む無事故無違反防止をも含めて“不幸な会員を一人も出さない”ことを第一に掲げて取り組んでいきます。また、救急救命講習などにも積極的に参加して救急救命処置を学ぶなど、全会員の事故防止意識の浸透を図っていきたいと思います。

島根協会 事故防止部長 土井 公明

事故防止講習会登録・報告一覧表


No. 協会名 事故防止
委員長
開催
予定日
開催
実施日
受講予定者 受講者数 開催場所 講習内容 報告日
クラブ 人数 クラブ 人数
1 大阪 高津光司
2 兵庫 岩崎正彦
3 徳島 藤坂博文
4 高知 河野照雄
5 愛媛 田村正邦
6 香川 石原誠
7 岡山 真鍋孝見
8 備後 井上研治
9 広島 河村薫
10 山口 野重光
11 北九州 中村誠志
12 愛知 白井靖浩
13 中部 田辺正則
14 宮城 伊東順孝
15 北海道 井森哲也
16 長崎 田中孝司
17 千葉 町田富士雄
18 北陸 三上満
19 鳥取 佐伯全希
20 三重 岩本浩
21 大分 杉本繁治
22 和歌山 笹本貴生
23 東京 裄V修司
24 島根 土井公明

  総数 計画数 実施実績 総数対実績 計画対実績
協会数 24
クラブ数 193
人数 2,227

「釣行時事故防止啓蒙標語」入選作品


No. 氏名 協会名 所属クラブ 標語 得票 入選賞
1 尾形 丹士 徳島協会 悠友サーフ 高齢化 自覚が防ぐ 釣り場事故 9 最優秀
2 藤本 博士 徳島協会 徳島投友会 身に着けよう ルールと マナーと 救命具 7 優秀
3 山地 秀紀 香川協会 香川ドリームサーフ 無理のない ゆとりの計画 安全釣行 6 優秀
4 小池 勝 島根協会 GACサーフ 記録より 記憶に残る 安全釣行 6 優秀
5 神澤 昭政 岡山協会 岡山フェニックスサーフ 他人事と 思う心に 事故が待つ 6 優秀
6 中原 重久 愛知協会 愛知えのみやサーフ 帰り道 眠気が来たら 即仮眠 6 優秀
7 岡崎 芳彦 岡山協会 岡山フェニックスサーフ 事故防止 楽しい釣りの 合言葉 5 優秀
8 坂東 孝昭 徳島協会 徳島県南投洋会 無理をせず 安全第一 笑顔の帰宅 5 優秀
9 平山 義隆 北九州協会 小倉メゴチサーフ 少し寝て スッキリゆっくり 帰り道 5 優秀
10 藤坂 博文 徳島協会 徳島ひげサーフ 悪天候 どうして止めない その釣行 5 優秀
11 大石 富士夫 香川協会 香川ドリームサーフ 穴場でも 優先順位は 命から 5 優秀
12 山西 邦男 愛媛協会 道後サーフ ポイントへ はやる気持ちに ブレーキを 4 佳作
13 平山 義隆 北九州協会 小倉メゴチサーフ 釣れずとも 無事故に勝る 土産なし 4 佳作
14 上田 真二 岡山協会 恵比寿サーフ 悪天候 行く勇気より 待つ決断 4 佳作
15 荒木 淳二 長崎協会 インターナショナル長崎サーフ 仕掛けより 先ずは命の 力糸 4 佳作
16 荒木 淳二 長崎協会 インターナショナル長崎サーフ あきらめの 勇気が繋ぐ 明日の釣り 4 佳作
17 藤原 知秀 香川協会 香川ドリームサーフ 事故防止 ライフジャケット 命綱 4 佳作
18 薬師寺 定生 兵庫協会 三ッ星サーフ 一人より 友達誘って 安心釣行 4 佳作
19 渡辺 敏夫 兵庫協会 三ッ星サーフ 怪我をして 初めてわかる 単独行動 4 佳作
20 長崎 豊彦 高知協会 高知サーフ 事故防止 急がず 焦らず ゆとり持ち 4 佳作

全日本サーフ事故防止規定改正

本規定は、釣行時における事故防止に関する会員の守るべき事項や対策等を明確にするとともに事故の撲滅を期することを目的とする。

  • ここに掲げた項目は釣人として実施すべき基本的な心得である。
  • 各協会においては、事故防止に積極的に取り組み、講習会などを開催して、最新の知識の普及・啓蒙に努めなければならない。
  1. 全日本サーフに事故防止部を設ける。

    • 事故防止部には、部長と部員を任命する。部員は地区協会ごとに若干名を選任する。
    • 事故防止部員の権限は全会員に及ぶ。
    • 会員は事故防止について、事故防止部員の指示を守らなければならない。
  2. 事故が発生した場合、クラブ会長は、協会長及び地区協会事故防止部員を通じ、速やかに本部事故防止部長に報告しなければならない。

    • 事故防止部長は再発防止策をたて、全国の協会に展開し、同種事故の発生を阻止する手立てを講じなければならない。
  3. 渡船を利用して沖磯、地磯、一文字波止などに渡って釣る場合は、救命具を着用、救命ロープ、ホイッスルを携行し、必要とあればヘルメットを着用すること。救命ロープは直径5mm以上、長さ20m以上とする。

    • 渡船利用の場合は、遊魚船登録を行なっている正規の渡船が望ましい。
  4. 上記の釣り場以外でも、危険が予想される釣場では前記同様、救命具・ヘルメット・救命ロープ、ホイッスルの携行を励行する。

  5. 転落・転倒に備え、ライフジャケットは正しく装着し、はきものなどは自由を奪われないものを用いること。

    • 海難事故の通報は118番海上保安庁へ。
    • 救助要請に備え、携帯電話は防水ケースに入れることを推奨する。
    • 携帯電話は、救助依頼者の場所が特定できるGPS付が望ましい。
  6. 沖磯・地磯等の釣場への釣行は単独行動しないこと。

    • 安全と思われる釣り場でも、単独釣行の際は行き先やスケジュールを家人に明確に伝えておくこと。
  7. 混雑している釣場では、スイング投法などの他人に危害をおよぼすおそれのある投法はしないこと

  8. 連盟主催釣り大会においては、釣り場の飲酒を禁止する。

平成23年1月1日 一部改正

copyright(c)2006 ALL JAPAN SURF CASTING FEDERATION このサイトについて プライバシーポリシー
このサイトについて プライバシーポリシー
このサイトについて プライバシーポリシー


TOPに戻る リンク 各種申請書 活動報告 入会方法 大会広報 大物ニュース速報 組織紹介 告知板 各種申請書 活動報告 入会方法 大会広報 大物ニュース速報 組織紹介